Uncategorized

先生へのお礼の言葉

今日は、私事を少し。 (そういう話、苦手な方は、スルーしてください 😛 )

今日は、World Wide Webが誕生して25年目になります。 昔、昔のパソコン通信からPCと戯れてきた管理人にとって、WWWは、誕生後、商用利用可能になってからのユーザで、その発展の恩恵を全身で受けてきた末端ユーザでございます :mrgreen:  

この画期的な技術に、管理人、それはそれは言葉にできないほど感謝の気持ちで一杯なのですが、でも相手は技術という名の実態で、どこを向いて感謝の言葉を伝えればよいかわからないわけであります。 そんな相手に感謝の気持ちを伝えるとしたら・・・・・、それは、この技術を使って、できるだけ多くの人達、身近な人達をHappyにすることかな、などと思っています。

翻って(どうして? いきなり・・・という突っ込みは無し 😳 )ダンスのことを考えると、これまた末端ダンサーの管理人は、日々クラスを熱心に教えてくださる先生方、一緒にクラスを受けて頑張っている友人達に、これまた言葉にできないほどの感謝を感じるわけです。 

下手の横好きならぬ、最近では全てが下降線を辿る一方の全身を 🙄 せめて水平方向に保とうと足掻いている末端生徒にも、一所懸命、熱心に教えてくださる先生に、どんな言葉でお礼を申し上げたらよいか、クラスが終わる度に先生の土下座したい気持ちを抑えて考えております。

でもね、多分、先生には言葉なんていらない。 もし、私が先生にお礼の気持ちを伝えられるとしたら、それは、先生が教えてくださったことを、ひとつひとつ、どんなに時間がかかっても、体で表現することかなと。 自分の体に先生の言葉を沁みこませ、腕が、脚が、体が先生の言葉を辿ることかな・・・と思っています。 

さらに、それが他の人の心に沁みたら、先生への最高の感謝の言葉になるのかな・・・・・と。

WWW 25年を迎えて、つらつら思ったことでした。 (どちらも、管理人の大好きなものということで 😆 )

Anyway,

Happy 25th Birthday WWW!

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress