Dance arts Uncategorized

Alice’s Adventures in Wonderland by Christopher Wheeldon

「ダンスは、まさに発見、発見、発見です」

Martha Graham アメリカ合衆国 舞踏家・振付師・モダンダンスの開拓者

 

_/_/_/_/_/

 

先日、ロイヤル・バレエの Alice’s Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)を観てきました。 といっても、英国まで出掛けたわけでなく、近所の映画館で^^;

最近アメリカでは、英国やロシアの有名バレエ団の公演を、映画館でライブ形式にして上演しています。
普通の映画のように、毎日、何回も、決まった期間上演するというのではなく、1日1回限りの上演という形が多いようです。 今回も、一晩限りの上演があると聞いて、上演する映画館を探し行ってきました。 今回はここFathom Events

振付は、現在、若手振付家としてどんどん名を馳せている Christopher Wheeldon(クリストファー ウィールドン)

彼は、この作品で世界中を熱狂の渦に巻き込みました。 不思議の国のアリスなんて、舞台で上演するには場面の展開が難しそうな作品を、舞台道具、照明、映像と使って見事に描ききり、踊りの方はメインキャラクターだけでなく、場面毎の群舞もスピード感があって楽しくおもしろかったです。 何より、ストーリのディーテールがとてもよくできていると思いました。 初演は2011年のようですが、今回見たのは2013年の3月に収録されたもの。 でもメイン級のシロウサギは、オリジナル同様Edward Watsonでした。 いや~、このキャラクター踊りも、演技も、本当に見事でした。 シロウサギのキャラクターをとてもよく研究されたのでしょうね。 それから、Mad Hatterもすばらしい!!! この役に、タップダンサーを起用するなんて。 バレエの中に、タップダンサーを起用するなんて。 この作品を、一層面白いものにしています。 Queen of Hearts のシーンも抱腹絶倒^^; Youtubeにもいくつかビデオが上がっていますね。 

画像リンク先: Amazon.com: Alice’s Adventures in Wonderland
監督: Christopher Wheeldon, Jonathan Haswell
出演: Lauren Cuthbertson, Sergei Polunin

Trailer

The Mad Hatter

Queen of Hearts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by: Wordpress